炊飯器の使用方法

日本の炊飯器は、多くの機能を備えた優れた家電製品です。
主に次の4つの調理モードがあります。

【1.炊飯】
通常のモードです。米を柔らかくしたり固くしたり、調整が可能です。急いで炊飯することも可。電源をオンにすると、それは常に通常の調理モードです。鍋やポットで炊飯するプロセスとは異なり、電気炊飯器はご飯を作るのに約45〜50分かかります。急速炊飯モードでは20〜25分ですみますが、米は通常の調理モードの方が美味しく炊けます。

【2.お粥】
穀物の栄養素を維持したお粥が簡単に作れます。

【3.もち米】
もち米をポットで炊くと、乾燥しすぎたり、あまりにもペースト状だったり調理が難しいですが、電気炊飯器では、もち米を安定した品質で調理出来ます。少量の水加減で仕上りが変わるので、注意してください。

【4.玄米】
玄米を美味しく調理出来ます。玄米は普通の米よりも高価ですが、優れた栄養素を持っています。

▼関連記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

NEWS CATEGORY

PICK UP

  1. プーケットへ社員旅行

  2. プーケット社員旅行

  3. 日本へようこそ

人気の記事

  1. ベトナムからお金を受け取る方法(国際送金)

    受取方法(WESTERN UNION)セブン銀行海外送金サービス(現金受取)を利用して行った送金...
  2. ベトナムで最先端のスマートタウン建設

    ▼日本の最先端技術でスマートタウンを建設2018年、ホーチミンが日本の最先端技術を結集した“...